PERSON

PERSON

person

名古屋事業本部 技術第二部所属 MITSUNORI ADACHI

入社を決めた理由を教えてください。

私は学生時代に建築について学んでいました。就職では、地元で働ける設備建設会社を探していたのですが、当時、大学の教授から私の希望に沿った会社として、推薦されました。その後、自分で調べたところ、地元でも有名な建物などの工事を行っており、地元の発展に貢献している会社だという事を知り、決めました。

現在のお仕事について教えてください。

私は施工管理として、現場の責任者である「作業所長」という立場で仕事をしています。現場は一つの独立した企業と同様の組織として位置付けられていて、組織のトップであり、現場で発生するすべての判断とそれに伴う責任を負う立場にあると思っています。
施工管理の役割は、二次元である設計図をもとに、三次元の建物として具現化する事です。さらには竣工後も経年劣化などの予測も考慮に入れた施工を行い、安全・品質・工程・環境・原価の五大管理を行う役割を担っています。

仕事でやりがいを感じるのはどんな時でしょうか?

私たちの仕事は、現在の便利な暮らしを陰ながら支えているというところです。私たちの設備工事は、決して脚光を浴びるタイプの職業ではないかもしれませんが、インフラに携わるという、絶対にこの世になくてはならない仕事であるといえます。そのぶん、仕事には大きな社会的責任が伴いますが、自分の手掛けた仕事が人々の生活の一部になるということが、やりがいと誇りにつながっています。
また、個人的には、有名な建物の建設、設備建設に携われて、家族に自慢できるところです。

今後の目標を教えてください。

今、世間では『働き方改革』によって、労働環境が変化しています。当社でも『長時間労働の削減』や『生産性向上』について取り組んでいます。これに私自身も積極的に取り組んでいきたいと思っています。任せられた仕事を効率良く進め、周りの仲間や後輩の仕事もサポートをしながら、自分のプライベートの時間を充実させていきたいと思っています。

求職者へのメッセージ

施工管理という仕事は、大学では学べず、入社した後に学んで行きます。 でも、私たち先輩が、ちゃんと教えますので安心して入社してください。
それと、個性豊かなメンバーが揃っており、にぎやかで和気あいあいとした雰囲気で、毎日楽しく仕事できると思います。先輩たちも気さくに話してくれる人が多いので、職人気質な雰囲気はほとんどありません。
1年目は分からないことばかりで心配だと思いますが、最初からすべての責任を担うようなことはもちろんありません。
当社は、いい意味で気負いしすぎることなく仕事をできる会社だと思います。